上瞼のたるみを改善したい

Youtubeで上まぶたのたるみを改善する動画を見つけました。
美容外科の先生が解説されています。非常に重要なんで文字起こししてみました。

読んでください。

 

(ここから)

 

上瞼のたるみをとりたい。それは皆さんがよく口にすることです。また二重の幅を広げたいということも皆さん非常に希望されるます。

 

それでそういったことを見る際にご説明したいこととして、瞼の構を造理解してもらいたいんです。どういった手術がその方にとってふさわしいのかが分かります。

 

よく女性の方メイクされますけども、メイクした時によく思うことはまつげのぎりぎりのところこの辺り、眉毛に近づけば近づくほど皮膚は厚くなります。ここのまつげのギリギリのところ。これが上まぶた下まぶた目の状態ですね。

 

睫毛のぎりぎりのところからだんだんだんだん 眉毛に近づくにしたがって、厚さが増してきます。二重この折り返しが分厚いまぶたなのか、それとも薄い感じのまぶたなのかというのが変わってくるんですね。

 

こちらは二重の幅が狭い場合。こちらは二重の幅が広い場合。

 

どうしてこの話が重要かと言いますと、皆さんが腫れぼったいとよく感じられるのは実はそこにある脂肪である場合と、それともう一つ、瞼の皮膚が垂れ下がって落ちてくる場合がある。

 

これ非常に難しいことなんでまた分かりにくいと思いますけども簡単に私の目で見てください。

 

例えば腫れぼったさというのは私の目にはありません。それで二重の幅もそうですけども二重の幅が狭い人が広くしようと思った時にこういった目の中央部分での瞼が狭いですよね。

 

こういった狭い方が広くしようと思った時に切開法を取りました。そういう手術がひとつあります。

 

もう一つこういう狭い方が眉毛を上げて二重を広げようとする、つまりこういう部分が狭いですが、上げるとこういう風に二重幅が変わってきます。

 

眉毛をあげることによって実は二重幅が変わるんです。その時に切開法で作った二重と眉毛を上げた時の二重が全く違う状態が出てくるんです。

 

どういうことかと言いますと眉毛を上げるというのは要するにこの垂れ下がった重い部分が上がりますからそのまま薄い状態になってしまうんです。それに対して切開法の場合は今度は仕上がった状態が変わってくるんです。

 

(ここまで)

 

出典: https://www.youtube.com/watch?v=JLYxhT018vY

 

今のアイクリームでも目の下のたるみやしわが消えなかったら、切開法による手術に踏み切ろうと思います。

アイクリームは効果があるのか?

こんにちは、りっかです。

目の周りにできてしまうしわやくまなどのケアに効果があると言われているアイクリームですが、化粧品の中でも結構ニッチな存在だったりします。

一般的にはエイジングケアとして販売される事が多いですが、アイクリームの効果はそれだけではないんです。

アイクリームの効果は、しみやシワがなくなってハリのある目元にする事ができます。

また、乾燥している時は保湿効果もあるんです。

しみやシワがなくなるという事は、ファンデやアイメイクのノリやモチが良くなります。人によってはほうれい線に塗っても効果があるみたいで、目立たなくなったって人もいます。

目にシワができてしまうのは、目を酷使する事で目の周りの筋肉が硬くなり血流が滞ってしまう為です。

血行不良はくまやドライアイなどの症状を引き起こしてしまって、目の下だけではなく、表情全体を曇らせてしまいます。

パソコンやスマホの普及でずっと画面を見続けるのが習慣化してしまっている為、10代でも目のくまに悩んでいる人はいるんだそうですよ。

そういった目の症状には、血流を改善させて目にも栄養を与えてあげる必要があります。

その為にアイクリームなどを使って目の周りのケアをして、肌のターンオーバーを促しましょう。

アイクリームを調べていたらズキログっていうサイトにアイクリームの紹介記事があったので紹介します。

こちら⇒【2019年版】くま・たるみ・しわに効く!おすすめアイクリーム10選

目は老化が出やすい

こんにちは、りっかです。

人は目を見て話すため、目元は人の印象を大きく左右してしまうパーツです。

そして、人間のパーツの中でも目は老化がとても出やすいパーツでもあります。

例えば、目の下のクマや目じりのシワ、まぶたのたるみ、くぼみなどですね。

これらが現れると実は実年齢よりも老けて見られてしまうのです。そうならない為にも、目元のケアをしっかりとして、老化を防いでいきましょう。

目元が老化する原因は、以下のものが考えられます。

・皮脂腺が少ないことによる乾燥
・コラーゲン不足によるハリ不足
・目がかゆいからといって目元をこすってしまう
・眼精疲労による血行不良
・睡眠不足による血行不良
・ストレス
・表情菌の低下
・紫外線

これらを改善させるためには、まずはしっかりと保湿をする事です。

目元は皮脂腺が少ないので乾燥しやすいパーツになります。その為、適度に保湿をしてあげないといけません。それから、保湿をする時は擦らず、優しく押さえるようにする事が大事です。

摩擦は老化を早めてしまいます。

スキンケアアイテムを選ぶ時は、セラミドやヒアルロン酸などの特に保湿力の優れた物を選ぶといいでしょう。

とくに乾燥が気になるなら、化粧水をたっぷりと含ませたコットンを目元に優しく乗せて3分くらいそのままにしておくと潤います。

是非やってみてください。

バストアップを目指すなら

こんにちは、りっかです。

バストが垂れてきてしまったと悩んでいる女性はたくさんいますよね。

また、バストアップさせたい女性もたくさんいると思います。

そんな方にバストアップエクササイズというものを見つけたので紹介します。

まず、そもそもバストの9割は脂肪です。

そして、脂肪の奥には大胸筋、小胸筋などの筋肉があります。バストアップをするならこれらの筋肉を鍛えてあげたり、伸縮性を保ってあげる事でバストの土台ができるんです。

この土台がしっかりとできる事でバストアップが期待できます。

バストアップの基本的なエクササイズとして、「おっぱい筋ほぐし」というものがあります。姿勢が悪くなると背中にある僧帽筋(そうぼうきん)と言われるものが衰えてしまい、バストが背中に流れてしまい、結果的に垂れてしまいます。

そうならない為におっぱい筋ほぐしをして僧帽筋を緩めてあげ、姿勢を整えてあげましょう。姿勢が整う事で必然的に僧帽筋を使用する事になるので、バストアップ効果が期待できます。

まずは、両手を背中の後ろで組んでひじを伸ばしてあげます。肩甲骨がくっつくメージです。その後、肩を後ろに8回まわしてください。これを1回当たり2セット行います。

小胸筋が凝っていると鎖骨が下へ引っ張られてしまい、バストが小さくなってしまうのでマッサージをしてあげるといいでしょう。

鎖骨の下の筋肉に手を当てて、イタ気持ちいいくらいの力で小さく円を描くように1分くらいマッサージしてあげましょう。

こうする事で小胸筋の凝りを解消する事ができます。

シミが気になる…

40手前で顔のたるみが気になるりっかです。

年齢のせいなのか顔のシミが気になります。

特に気になるのは顔の頬部分にあるシミで、そばかすっぽくできてしまっています。

これをどうにかできないかと思うのですが何をしても頑固で、なかなか消えてくれません。

そこでシミができる原因から調べてそれからあった化粧品を選ぼうかなと思うんです。

まず、シミは0.1ミリ~0.3ミリの表皮の間でできるんだそうです。

なかなか消えてくれず、ファンデーションでも隠し切れないのにこんなに薄い範囲の中でできているなんて…。

そして、原因は紫外線によってメラニンが生成され、それが蓄積されることでできるみたいですね。

メラニンなんてきでなければシミなんてできないのにって思いますけど、メラニンができる事で肌を刺激から守っているんだそうです。

肌の防御行為なんですね。

通常は肌のターンオーバーで少しずつ外に押し出されて最終的には歯だから離れてくれるみたいですけど、これがうまくできずに残ってしまう事でシミとなって肌表面に出てきてしまうんだそうです。

つまり、この肌のターンオーバーを促してあげればシミはなくなってくれるって事なんですね。

であれば、それにあった化粧品を使用してあげればいいだけなので選ぶものも限定されて楽になりますね。

自分にあった化粧品を見つける為に、どんどんこのブログで情報を発信していこうと思いますので、よろしくお願いします。